合同会社設立と運営

合同会社の設立、運営について

これから新しい法人を作って事業を始めようと考えている方にとって、一般的に法人と言えば株式会社をイメージされる方も多いのではないでしょうか。法人の形態には様々あり、営利を目的とする会社であれば、株式会社の他に有限会社や、合同会社、合弁会社や合資会社などがあります。その中でも、近年増えてきている法人形態が合同会社です。世間的にはあまり知られていない新しい法人形態ですが、これから法人を設立運営していくにあたって、事業内容や業種などによっては株式会社よりも合同会社にしたほうが実は有利といった場合もあるんです。

合同会社を設立運営していく上での、良い点、悪い点を株式会社と比べてどうなのかといった事も比較しながら記述していきますので、これが法人設立を検討されてる方の参考になれば幸いです。まずメリットですが資金面で設立にしても運営していくにしても株式会社に比べコストがかからない、という点です。最近では株式会社も資本金は1円からでも設立出来るようになりましたが、実際にはそれ以外で設立にかかる費用があります。そのような法人設立に際しての実費という面では合同会社だと株式会社に比べ半分ほどの費用で設立することが出来ます。
同じようにランニングコストも安いので運営していき易いのです。また合同会社といっても株式会社と同じ税制になりますので、節税ができる、というのもメリットの一つです。デメリットとしては、やはり世間的にも国内では認知度が低い、という点です。ですので、株式会社よりも地位が下と見られがちで信用度も一般的に低く見られてしまう、という点にあります。

最後にこれはメリットともデメリットとも言える事なのですが、経営における自由度が高いという点です。合同会社は、株式会社のような代表者が頂点にいてその下にピラミッド上に組織が作られているのとは違い、業務執行責任者と呼ばれる出資した社員が複数いて、その社員であれば業務の事で何でも意思決定することが出来ます。ですので業務を進めていく上で、良い点としては色々なアイデアを融合したり、会社としての意思決定をしやすかったりといった点がありますが、逆に、意見がぶつかり合ってしまった場合は収拾がつかなくなってしまう、という危険性は潜んでいます。ですのでパートナー選びは気をつけたいポイントと言えます。このように合同会社は法人として動いていくための一つの選択肢と考えてみるのも良いかもしれません。